SkypeについてSkypeについて

IE10を利用して説明いたします。
その他のブラウザでも基本は同じ操作となります。

Skypeダウンロードページへ移動してSkypeをダウンロードボタンクリックします。
       ▶ Skypeダウンロードページへ
ダウンロード確認表示で保存ボタンをクリックし、ダウンロード完了で実行ボタンをクリックします。
同意するをクリックし、画面の指示に従いインストールを完了します。
ログイン/アカウント作成の画面が表示されるとインストールが完了です。

インストール完了でアカウントを作成をクリックします。
ブラウザ起動でSkype登録ページが表示されるので、必要事項を記入し、同意ボタンをクリックします。
登録が完了しました。
skypeを起動してサインインしてください。
続行ボタンをクリックして先に進んでください。
これで登録は完了です。

レッスンを受ける前にスピーカーやマイクが正しく接続されているか確認するため、
Skypeの自動応答による音声テスト「Echo/Sound Test Service」を利用します。

連絡先を開き、「Echo/Sound Test Service」をクリック、通話ボタンをクリックします。
3コールくらいでつながり、自動音声が聞こえるか、あなたの声がテストで聞こえているかを確認します。
通話音質情報アイコンが赤く表示されていれば、クリックして問題箇所を確認して接続等をご確認ください。

レッスンの数分前にLIPに登録したお客様のSkype宛てへ講師から連絡先追加のリクエストがはいります。
連絡先追加のリクエストが表示されるのでクリックしてレッスン担当講師であることを確認して追加します。
※ 連絡先を追加しなかった場合、
・講師側の顔が見えない
・チャットで送られてきたテキストURLがクリックできない
などの不具合が起こりますので、必ず追加してください。
予約したレッスン時間になると、講師からお客様のSkypeに連絡が入るので「ビデオ通話で応答」をクリックします。
Skypeに講師が映しだされ、1レッスン15分~のトレーニング開始となります。
   ※お客様がカメラをつないでいれば子画面にお客様側を表示します。

Skypeアイコンの説明

  • 連絡先

    連絡先リストを表示したり非表示にします。
  • ビデオ

    ビデオをつけたり切ったりできます。
  • マイク

    お客様のご利用マイク音声を消したり出力したりします。
  • ファイル送信等

    ファイルを送ることができます。
  • 切断

    通話を切断します。
  • 通話音質情報

    マイク、スピーカー、通信状況などの状態確認ができます。
  • IM

    テキストメッセージ内容を表示したり非表示にします。
  • 表示変更

    全画面表示にしたり元の大きさに戻すことができます。

※ネット回線が不安定な時はビデオを切ると音声が聞きやすくなるときがあります。